工業用のネジ

種類が一目でわかる

カタログだけで検索可能

ねじという部品は製造物の多くに用いられています。そして、物を修理する場合にも用いられます。その小さな部品を新たに供給する段になると、厄介なことが起こります。手元にあるねじと同等品が欲しい場合、その径や長さを測っただけでは特定できません。大きさは同じように見えても、ピッチが違えば、全く用を成さない場合もあるのです。しかし、そんな悩みを解決するねじのカタログ販売がお目見えしました。普通、カタログの写真だけで、ねじを特定するのは困難ですが、このカタログ商品は、すべてのねじが型別にトップの色分けがされているので、径の大きさを特定するだけで商品が探し出せます。商品に詳しくない人が見ても、このカタログなら十分対応できます。

ねじが色分けできる

ねじが色分けできるようになったのは、金属そのものに着色が可能となったことによります。ペンキのように上から塗りつけるのではなく、金属自体に色を付けるので、摩耗が酷くならない限り、その商品が特定できるのです。しかし、全体に着色された商品はまだ存在しません。単価が高くなるうえに、着色していない商品を希望する団体や個人が圧倒的多数であるためです。ですから、破損や摩耗で着色部分がはっきりしなくなった商品の特定は難しくなります。ねじのメーカーでは、パソコンでねじのスキャンニングできる機能も研究中です。近い将来において、小さくても重要な部品であるねじの商品特定や流通の時間短縮が増々加速する見込みとなりました。いまそのねじのカタログも多く存在していますが、業者の多くは新商品をカタログに載せるので、カタログを見ることで最新の商品情報を手に入れることが出来ます。様々な種類のねじがありますが、どういったねじでも業者は対応してくれています。

ピックアップ

用途に合った種類を

ねじを購入する際に重要なことは、用途に合った商品を購入するということです。大きく分けるなら、屋内用か屋外用かがあります。電子カタログなどをチェックして、最適な種類を選択しましょう。

More...

いい商品を選ぶ為に

ねじは様々なものに利用されているものです。メーカーが出しているカタログは、自分が欲しいねじを探すのにとても便利です。デジタルカタログなどもありますから、まずはそれらでどのような商品があるのか確認してみましょう。

More...

違いが分かりやすい

ねじには数多くの種類が存在しています。形や大きさといったものだけではなく、色や素材などにも違いがあります。そのため、ねじを取り扱っているところでは、分かりやすくカタログにまとめあげているのが一般的です。

More...